Z3.1_Macro:ImagePlaneXとCube

Z3の時にはあったんですけど、Z3.1で消えてしまった
ImagePlaneXとImagePlaneCubeっぽいマクロです。

Z3のがどんなのだったか余り覚えてないんで、全く同じ
モノでは無いんですけど、一応置いときますね。

(´・ω・)つ ImagePlane_macro.zip
左クリックでダウンロードできない場合は、右クリック
「対象をファイルに保存」で落として下さい。

解凍したら、中のファイル2個を\ZBrush3\ZStartup\Macros\Misc
の中にでも置いて下さいな。

準備がでけたらZBrushを起動っ。
Macro -> Misc の中に入ってます。
まくろ(・ω・)

それぞれポチると、Toolを読み込みDivideして、テクスチャを
選択、そのテクスチャをポリペイントにします。

■使い方
1、マクロのImagePlaneXをポチっとな。

2、下絵に使いたい画像を選択します。
画像の読み込み...

3、ToolでImagePlaneXが選択されているので、そのままキャンバスに~。
ImagePlaneX

ちなみに、パース:オンになってます。
パース:オンの状態ですよ。
パース:オフにする場合は、Draw -> Perspをポチってオフにして下さい。

後、ImagePlaneXを両面表示にしたい場合は
Tool -> Display PropertiesのDoubleをオンです。

4、スカルプトするオブジェクトを用意します。

Sphere3Dを使う場合。
ToolでSphere3Dを選択して、Make PolyMesh3Dをポチって
ポリメッシュのPM3D_Sphere3Dにします。
ポリメッシュ~(・∀・)

5、ToolでImagePlaneXを選択して、Tool -> SubToolの
Appendをポチっとな。で、PM3D_Sphere3Dを選択します。
ポチポチ

6、右側にあるTranspをオン。これでうっすら透けて見えます。
デフォUIでも多分この辺にTranspがあるよっ。

この透け具合は、Preferences -> Drawから調節でけます。
白枠内の3個で調整。
触ったら何となく分かると思います。|ω・`)


■少しでも下絵を見易くしたい場合。

1、MaterialをFastShaderにします。
ここでは、FastShader5を使用してます

2、Material -> Modifiersを開いて、おもむろにAmbientを100にします。
(・∀・)

3、SubToolでImagePlaneXを選択します。

4、Mをオンにして、Color -> FillObjectをポチっとな。
(´・ω・)つポチ~

5.Materialを戻して、SubToolでPM3D_Sphere3Dを選択。
こんな感じになります。


■\ZBrush3\ZTools内のPolySphere.ZTLを使う場合は
何故か中心がズレるので、その修正の仕方とか。

こんな風にズレるのです。
おもいっきりズレてますなぁ(´・ω・`)

1、SubToolでPolySphereを選択します。
2、Transform -> S.Pivotをポチ。
S.Pivotですよ。

3、Tool -> Morph Target -> StoreMTをポチっとな。
4、Transform -> C.Pivotをポチ。
5、Tool -> Morph Target -> Switchをポチ。
6、Morph Targetはもう要らなければ、DelMTをポチ。
これで多分中心になってるはずっ。(`・ω・´)

ImagePlaneCubeも同じような感じですよ。

画像はそれぞれ、こんな感じで貼られてたりします。
ペタペタ(・∀・)
この画像は、\ZBrush3\ZToolsに、それぞれpsdファイルが入ってます。

後、ポリペイントなので、SDivレベルが高ければ高い程、画像が鮮明になります。

で、マクロのSDivレベルを上げたい場合は、ImagePlane~.TXTを開いて
[IPress,Tool:Geometry:Divide]の部分をコピぺして下さい。
これでSDivレベルが1つ上がるよ!(;゜∀゜)=3

上書き保存したら、ImagePlane~.TXTを置いた場所の
ImagePlane~.zscを削除してZBrushを起動です。

違うファイルを削除しないように気をつけてネっ!

パタリ...=□○_

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック