|ω・`)コソ―リ Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Z3.5 R3:StartupDocumentの代わりにー

<<   作成日時 : 2010/06/18 01:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

Z3.5 R3は、[StartupDocument.ZBR]で起動時のキャンバスサイズを
設定してると、何故かZAppLinkが使えなくるので、毎回手動で
サイズを設定してる人向けです。

先ずマクロを作ります。
Macro -> [New Macro]をポチっとな。
マクロ〜(´・ω・)つポチ

Documentを開いて、色やサイズを設定して[Resize]をポチ。
*色やサイズは自分の好みで設定してねっ。
ちなみにうちの設定は、Width,970 Height,850で背景ベタ塗り

ここまで出来たら、Macro -> [End Macro]をポチって
取りあえずデスクトップにでも保存します。

ファイル名がそのままマクロのボタンになるので
分りやすい名前を付けましょう。
*ここでは[Startup.TXT]って名前で保存してみました。

別にそのままでも良いかもですが、保存した.txtファイルを
開いて、要らない部分がある場合はを削除して保存っ。
消し消し


で、出来たファイルを自分で作ったフォルダに入れるか
てけとーにどっかのフォルダに入れます。
*ここでは、\Pixologic\ZBrush 3.5 R3\ZStartup\Macros\Misc
に入れてます(ノ・ω・)ノ⌒゜□

これでMacro -> Miscに[Startup]ってボタンがでけます。
*ボタンないよー?って場合は、Macro -> [Reload All Macros]を
 ポチると出てくるよっ。
まくろー(・∀・)

取りあえず、ちゃんと動くか試してみよう(゚∀゚)
Preferences -> [Init ZBrush]をポチって初期化〜。
で、さっき追加したマクロをポチっとな。
キャンバスのサイズや色が設定した通りならOKなのです。

と、マクロはここまでなんですが、背景の色をよく変える人は
Startup用とは別に、キャンバスの色違いのマクロを幾つか
作っておけば、ボタン1つで色の変更ができて便利なので
オヌヌメです。

ここまで出来たら、一旦ZBrushを終了します。


次に、さっき作ったStartupマクロをZBrush起動時に
読み込むように設定しますよー。
\ZBrush 3.5 R3\ZScriptsを開きます。

ここの[DefaultZScript.txt]を、[DefaultZScript_.txt]とか
てけとーに名前を変更します。
*別に名前を変更せずに、元のファイルに追加しても
 良いんですが、一応バックアップとして残してます。

で、メモ帳に [If,1,[IPress,Macro:Macros:Misc:Startup]] [pd]
を貼り付けて、名前を[DefaultZScript.txt]にして
\ZBrush 3.5 R3\ZScriptsに保存します。
こんな感じ(・ω・)

これでZBrush起動時にマクロが読み込まれまーす。
起動して確かめてみてねっ。

一応これで、StartupDocumentの代わりにはなるんですが
元のDefaultZScript.txtから変更すると、ZBrush画面
右上にある[DefaultZScript]が使えなくなったりするかもです。
これ

このボタンは、Z3.1の時の起動画面で出てきた
こんな画面を呼び出すボタンなのです。
こんなの(´・ω・`)

別に無くても良いやーって人はスルーで。
無いとヤダーって人はコレどぞー。
\Pixologic\ZBrush 3.5 R3\ZStartup\Macros\Misc
にでも入れれば良いじゃないっ。

*DefaultZScriptって名前長いから、ボタンを
 UIのどっかに置くなら、短い名前に変えた方が
 ボタンが小さくなって置きやすくなるよ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして〜何時もZBrushの記事に大変御世話になってます。
僕も手探りでZBrushを覚えていっているのですが、
インポートでスカルプトする時、偶に法線が反転して認識しているらしく、
マップを生成時に出っ張ったところがへこむ等の現象に頭を悩ませています。
UVの反転で大丈夫かな、と一度エクスポートして反転させてインポートしても、
何故かUVが反転前のものだったり、反転後のUVをコピーしてペーストしても上手くいかず……といった具合です。
もし良い対処法を知っていましたら、ご教授お願いいただけないでしょうか?
練無
2010/06/22 05:46
はじめましてー。
んー。ベースモデルをインポートして反転してるのなら
反転してる部分を、Tool-> Display Properties->Flip
って、そんな事じゃなかったり?
ちょっと状況がよく分らないです(´・ω・`)
Nyanta
2010/06/23 00:38
早速のお返事有難う御座います!
何とか修正することが出来ました!

ただ、修正前のモデルをA、後をBとして
AのSDivを残したままSDiv1の部分だけBに変えたりは可能かご存知でしょうか?
SubToolでインポートしただけだと、何故か修正前の法線の向きと認識されてしまうようで……度々申し訳ありません。
練無
2010/06/24 00:11
AのSDivを1にして、BをTool->Importで普通に置き換えてみる。
もしくは、SubToolにA、Bと置きAを最高SDivにして
仮にAの最高SDivを6とした場合、Bも一旦SDiv_6まで
上げて、ProjectAllでAのスカルプトをBに写してみるとか
どうでしょう?
Nyanta
2010/06/24 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
Z3.5 R3:StartupDocumentの代わりにー |ω・`)コソ―リ Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる